読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めくるめくシミ0肌秘訣の世界へようこそ

主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になるスキンケア情報をつづってます。

どうでもいいけど美肌を保つ対策を書いてみた

今日サイトでみてみた情報では、「顔に化粧水を使用する時に「手でなじませる」派と「コットンを使う」派に好みで分かれるようですが、結論的には各化粧品メーカーが積極的に推奨するやり方で塗布することをひとまずお勧めします。」と、解釈されているみたいです。

私が検索でみてみた情報では、「お肌の組織の約70%がコラーゲンに占められ、皮膚組織の骨組みの隙間を埋めるような形で繊維状または膜状に存在しているのです。肌にハリや弾力を保ち、シワやたるみのない若々しい肌を支える真皮を形成する主たる成分です。」と、いう人が多いそうです。

私がネットでみてみた情報では、「よく耳にするコラーゲンという物質は実はタンパク質の一種で、多種類のアミノ酸が組み合わさって構築されているものを言います。身体に含まれるタンパク質のおよそ3割強がコラーゲン類で占められているのです。」のようにいわれているとの事です。

その結果、 肌に備わっている防御機能によって水分の蒸散を防ごうと肌は頑張るのですが、その貴重な働きは老化の影響で弱くなるので、スキンケアの保湿から届かない分を補ってあげる必要が生じます。」だと考えられていると、思います。

今日書物で調べた限りでは、「肌に本来備わっている防護機能によって潤いを保とうと肌は頑張るのですが、その大事な機能は年齢とともに低下してくるので、スキンケアを利用した保湿により不足分を補う必要があるのです。」な、考えられているそうです。

なんとなく検索で探した限りですが、「水分以外の人体のほぼ5割はタンパク質により占められ、そのうちのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの主要な役目とは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを作るための原料となるという点です。」だと提言されているそうです。

本日サーチエンジンで調べた限りでは、「皮膚表面には、硬いケラチンタンパク質を主体とした薄い角質層があり常に外気に触れています。この角質層を形作る細胞と細胞の間にできる隙間を埋めるように存在しているのが「セラミド」と名付けられたスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。」だと公表されていると、思います。

今日検索で探した限りですが、「美白化粧品は乾燥肌には不向きとよく言われますが、この頃は、保湿効果のある美白スキンケアも実現していますので、乾燥に困っている人は気軽な気持ちでチャレンジしてみる意義は見いだせそうだと考えます。」な、公表されているらしいです。

素人ですが、文献で探した限りですが、「乳液とかクリームなどをつけないで化粧水だけを使う方も見受けられますが、このケア方法は大きく間違っています。保湿を着実に実施しなかったがために皮脂の分泌が増えたりニキビ肌になったりということになるわけです。」だと提言されているようです。

なんとなくサーチエンジンで調べた限りでは、「顔に化粧水をしみこませるやり方として、基本的に100回手で入念にパッティングするという説を見かけますが、このやり方はしない方がいいです。肌の弱い方は毛細血管がうっ血し頬が赤くなる「赤ら顔」の要因になることもあります。」だと考えられているそうです。