読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めくるめくシミ0肌秘訣の世界へようこそ

主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になるスキンケア情報をつづってます。

あいかわらずつやつや美肌になるケアについての考えを書いてみます。

本日サーチエンジンで調べた限りでは、「最近話題の化粧品のトライアルセットは安い価格で少量ずつ提供されていますから、たくさんの商品を使用してみることが可能なだけでなく、普通に販売されている製品を手に入れるよりすごくお安いです。ネットで申し込むことができるので簡単に取り寄せられます。」のように公表されているらしいです。

そうかと思うと、「無添加と書いてある化粧水を使用しているから恐らく大丈夫」と思っている方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?実際には、多くの添加物の中の1つを配合していないというだけでも「無添加」と表示して構わないのです。」と、解釈されているとの事です。

それはそうと今日は「よく知られている高機能成分セラミドにはメラニンの合成を押さえこみ、日焼けによるシミやそばかすを予防する大切な美白効果と肌への保湿により、ドライ肌や小じわ、ごわごわ肌などのいろんな症状の肌トラブルを解消する高い美肌作用を持っています。」だといわれているようです。

再び今日は「赤ん坊の肌が潤いに満ちて健康な張りがあるのはヒアルロン酸をたっぷりと皮膚に含んでいるからです。保水作用に相当優れた物質のヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを守るための化粧水や美容液に優れた保湿成分として配合されています。」のようにいわれている模様です。

なんとなくサーチエンジンで探した限りですが、「「美容液」と簡単にいっても、様々な種類が存在しており、一口にアナウンスすることはかなり難しいのですが、「化粧水というアイテムより効く成分が配合されている」との意味に似ているかもしれません。」な、提言されているそうです。

今日検索で集めていた情報ですが、「保水力の高いヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンからできたネット構造の間を満たす形でその存在があって、保水する作用によって、豊かに潤ったハリのある健康的な美肌に整えてくれます。」だと解釈されているみたいです。

例えば最近では「肌にもともと備わっているバリア機能で水分が失われないようにしようと肌は奮闘しますが、その有益な作用は年齢を重ねるとともに衰えていくので、スキンケアを意識した保湿によりそれを補填してあげることが必要になるのです。」な、公表されているようです。

素人ですが、サイトでみてみた情報では、「皮膚の表層には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質で構成された角質層という膜が覆うような形で存在しています。この角質層を構成している細胞同士の間を充填しているのが人気の「セラミド」という脂質の一種です。」と、考えられているらしいです。

それじゃあ私は「 食品として摂取されたセラミドは一度分解されて違う成分となりますが、その成分が表皮まで達するとセラミドの生成が始まり、角質層のセラミドの含量が増大するわけです。」な、いう人が多いみたいです。

本日サイトでみてみた情報では、「セラミドは肌の潤い感のような保湿の機能の向上や、肌水分が失われるのを蓋をするようにして防いだり、周りから入る刺激あるいは細菌や黴菌の侵入を阻止したりするような働きを担っています。」だと公表されていると、思います。