読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めくるめくシミ0肌秘訣の世界へようこそ

主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になるスキンケア情報をつづってます。

私が知ってるふっくら素肌を作るケアの情報をまとめてみました。

たとえば私は「水をカウントしない人の身体の約5割はタンパク質によってできていて、その35%前後がコラーゲンとなっています。コラーゲンが担う主要な役割は身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを作るための原料として利用されることです。」な、いう人が多いようです。

今日文献で探した限りですが、「健康的で美しい肌を守りたいなら、多種類のビタミン類を身体に取り入れることが不可欠ですが、実を言えばその上に皮膚の組織同士を結びつける大切な働きをするコラーゲンを体内で作り出すためにも欠かすことができないのです。」のように結論されていらしいです。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「年齢肌への対策としては何よりも保湿と柔らかな潤い感を甦らせることが大切ですお肌に水分をふんだんに保持しておくことで、肌に本来備わっているバリア機能が正しく働いてくれることになります。」だと考えられていると、思います。

それはそうと最近は。皮膚表面にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質より形成された角質層という膜が覆うような形で存在しています。この角質層を形作っている細胞間にできた隙間を埋めているのが「セラミド」と名付けられた生体内脂質の一つです。」な、提言されているみたいです。

一方、アトピーで敏感になった肌の対処法に使うことのある高い保湿力を誇るセラミド。このセラミドが入った敏感肌にも安心な化粧水は高い保湿効果があり、いろいろな刺激から肌をしっかりと守る働きを強いものにしてくれます。」な、結論されていみたいです。

本日ネットでみてみた情報では、「手厚い保湿によって肌のコンディションを正常化することにより、紫外線の吸収を最小限に抑え、乾燥が元凶である多様な肌のトラブルや、更にはニキビが治った跡が色素沈着を起こしてしまう状況を未然防止することになるのです。」だと考えられているとの事です。

私が文献で集めていた情報ですが、「老いることで肌にシワやたるみのような変化が現れてしまう原因は、欠かすわけにはいかない肝要な要素だとされるヒアルロン酸の体内の保有量が激減してしまい潤った美しい肌を維持することが非常に困難になるからです。」と、考えられているみたいです。

今日は「赤ちゃんの肌がプリプリに潤ってつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸をとても多く保有しているからだと言えます。保水する能力に優れた物質であるヒアルロン酸は、肌の潤いをしっかりと保つ化粧水のような基礎化粧品に利用されています。」だと公表されているみたいです。

それはそうと今日は「よく知られていることとして「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「豪快にバシャバシャとつけた方がいい」という表現を聞きますね。試してみると実感できることですが使用する化粧水の量は少量より十分に使う方が肌のためにもいいです。」だと考えられているようです。

ともあれ私は「ヒアルロン酸とははじめから人間の体の中のいろんな場所に豊富に含まれている独特のぬめりを持つ粘性の高い液体であり、生化学的に表現するとムコ多糖類というゲル状物質の一種だと言えます。」な、解釈されている模様です。