読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めくるめくシミ0肌秘訣の世界へようこそ

主婦が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になるスキンケア情報をつづってます。

本日も得した気分になる?毎日の美容方法の要点を調べてみる

今日色々集めていた情報ですが、「肌に備わるバリア機能で潤いを残しておこうと肌は奮闘しているのですが、その有益な作用は歳をとるとともに弱くなるので、スキンケアを利用した保湿により足りなくなった分を与える必要があるのです。」だという人が多いらしいです。

今日書物でみてみた情報では、「タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は伸縮性の高い繊維性たんぱく質で細胞と細胞をつなぎとめる役目を持ち、優れた保湿成分として有名なヒアルロン酸は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を防ぎます。」のように解釈されているようです。

本日検索でみてみた情報では、「セラミドは肌に潤いを与えるような保湿効果をアップさせたり、肌から必要以上に水が出て行ってしまうのを蓋をするようにして防いだり、外から入る刺激や汚れや黴菌などの侵入を食い止めたりするなどの作用をします。」な、提言されているとの事です。

たとえば私は「セラミドは肌の角質層内部において、細胞間にできた隙間でスポンジのような役割で水や油をしっかり抱き込んで存在する脂質の一種です。肌と髪を瑞々しく保つために大変重要な機能を持っています。」のようにいう人が多いとの事です。

それゆえ、プラセンタ配合の美容液と聞けば、老化防止効果や美白作用などのイメージの方が強い一段上の美容液ですが、赤みが目立つニキビの炎症をきちんと鎮めて、凹凸のあるニキビ痕にも有効に働きかけると最近人気になっています。」と、いう人が多いそうです。

さらに私は「よく聞くコラーゲンという物質は、アンチエイジングと健康を維持するために欠かしてはいけない重要な成分です。健やかな身体にとても大切なコラーゲンは、老化により代謝が遅くなってくるようになったらそれを補給する必要があるのです。」だと結論されていらしいです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「化粧水を浸透させる際に100回もの回数手で押し込むようにパッティングするという方法も存在しますが、このやり方はあまりよくありません。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えて赤ら顔・毛細血管拡張症の引き金となる可能性があります。」だといわれているそうです。

さて、私は「歳を重ねることで老けた印象を与えるシワやたるみが肌に発生してしまう原因は、なくては困る大切な構成成分のヒアルロン酸そのものの含量が減少してしまい潤いに満ちた瑞々しい肌を保つことが非常に難しくなってしまうからなのです。」のように提言されているようです。

私が検索でみてみた情報では、「単に「美容液」といっても、幅広い種類がありまして、まとめて一言で片付けるのは難しいと思いますが、「化粧水より効能のある成分が添加されている」とのニュアンス と同じような感じかもしれません。」だと結論されていみたいです。

このため私は、「、よく聞くプラセンタとは英語でPlacentaと綴り胎盤を表しています。化粧品や健康食品・サプリでたびたびプラセンタ高配合など見かけたりしますが、これについては臓器としての胎盤そのもののことをいうのではありませんので不安に思う必要はありません。」だと解釈されていると、思います。